やってみなければ諦めることもできない

 

次のようなご相談を受けることがあります。

 

「3か月集中して勉強しているのに伸び悩んでいるんです。あと、TOEIC公開テストが終わると気が抜けてしまってあんまり集中して勉強できなくて」

 

あなたは、このお悩みを聞いてどう思われるでしょうか。

 

私の考えとしては、たった3か月で「やった」と言うのは甘すぎます。そんな短期間で「できる」ようになるとどこかで思っているのはおこがましいのです。

 

どこかで、「たかが英語、たかがTOEIC」と思ってはいないでしょうか?

 

今、巷は空前の英語(語学)ブームと言ってもいいくらい、安価で良質な教材が溢れています。中には「たった〜日でペラペラ!」「〜か月でスコアアップ間違いなし!」という、学習者にとって非常に飛びつきやすい広告が出回っているのも事実です。

 

でも。

考えてみてください。

仮にそういった教材に過去飛びついたことがある場合、それで目覚ましい成果は出ましたか?

「たった」数日、数か月で、自分の納得いく英語力は身についたでしょうか?

 

おそらく、答えはノーだと思います。

 

はっきり言って、語学は短期間では習得できません。TOEICのスコアを短期に上げられる人は、元々基礎英語力がしっかり身についているか、その短期間で鬼努力をしたかのどちらかです。

適当にやったけどできちゃった、と言う人を、私の周りでは見たことがありません。
もしいるとしたら、それが事実なのかどうか確認したいとすら思えます。むしろその勉強方法を教えて星くらいです。

 

振り回されず、いきましょう。

焦らず、勉強しましょう。

自信過剰になるの、やめましょう。

愚直に一歩一歩です。

 

短期間で結果を出したいのなら、気が抜けただとかやる気が出ないとか言ってる、または考える暇なんてないはずです。

寝食忘れるくらい、もうきちがいと思えるくらい、必死で勉強してください。その後で、冒頭のセリフを言ってください。

 

才能ないからとすぐ投げ出すのはいつでもできます。何かを続けていくのは本当に大変なこと。でもあと少しでコップの水は溢れ出るところかもしれません。

 

そこでやめたらもったいないと思いませんか。

 

やめどきはとことんやったと心底思えた時でいいのです。

とことんやってみなければ、諦めることもできない。

投げ出す前に、限界まで、自分が心底納得できるまでやってみる。

 

このことをどうか忘れないでいただきたいのです。
そしてコツコツと、少しずつ、今日1日を積み上げていってください。