TOEIC990、本気で狙う

 

TOEIC990を本気で目指そうと思ってからは、隙間時間をどれだけうまく使うかを考えるようになりました。

もう、電車を待つために並んだ瞬間から、やらなきゃ!っていうモードになっていましたね。

 

<平日(隙間時間のみカウント)>

最寄り駅まで歩きながら(10分)

Part2を解く

電車を待つ間(3分)

Part5を解く

電車内(10分)

同上

乗換えで歩いている間(5分)

Part3を解く(内容と設問をすべて理解するよう努める)

2つ目の電車(5分)

同上(日によってPart4)

職場まで歩いている間(5分)

同上

合計約38~40分

帰り道もあるので、通勤で約80分=1時間20分

これに加えて朝3時間、夜1時間勉強していたので、平日の勉強時間は大体5時間半くらいでした。

休日は隙間時間の概念がなくなるので、時間があればTOEIC。とにかくTOEIC。

ものすごい本気モードの時期で、13時間。このように勉強してました。

 

何時間勉強すればいいという決まりはないです。

人によりライフスタイルも考え方も違うので。

でも当時の私は、とにかく時間があればTOEICに費やしたかった。

本当に1分1秒ですら惜しくて、ちょっとでもぼーっとするときがあるとやらなきゃ!って自然となっていました。

 

執念です。

990をどうしてもどうしてもどうしても!!!取りたかったのです。

恥ずかしげもなく言いますが、本当にそれだけです。

990取れたら昇進するとか、お金もらえるとか、そんな理由ではまったくなくて。

ただただ、取りたかった。

こうして文字に起こすと「火事場の馬鹿力」としか言いようがないですね。

最後は気持ちです。どれだけ熱量注げるか。知識やテクニックじゃない。

 

 

今でも、目指しているものがあるとき、目標とするものがある時は、これぐらい全力で取り組んでいます。

達成できた時の自分を見たいし、得る前と得た後では世界が変わるから。

そのこと知ってるから、ものすごくやる気が出るんです。

3時起床もまったく苦にならないのはそのためです。

むしろ「やりたいことがあるってなんて幸せなんだろう」と、日々ありがたさをかみしめて過ごしています。

 

今日も勉強がんばろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。