990を取ってからのTOEIC学習法

 

まだ文法や語彙力が不十分だと感じていた頃は、ひとつの模試を何度も繰り返しやりこんでいましたが、990を取ってからは、ある程度コツを自分なりに掴んだので、模試を解くのも工夫していました。

やり方としては、大量の模試を用意することです。ほとんどが韓国模試です。1冊に5~10セット入っていて、大変お得です。

私がよく購入していたネット書店はこの2つです。

ハングルプラス

高麗書林

今は郵送に時間がかかるかもしれませんが、当時は対応が割と早く、重宝していました。

こういったサイトで10の韓国模試を入手すれば、最大で100セットの模試が手元にあることになります。

そうすると、1日2模試ペースで解いても50日かかるので、2回目同じ問題を解くころには記憶もだいぶ薄れていて、また、初見のような気持ちで解くことができます。もちろん1度解いているのでおぼろげながら覚えています。

「あーこれ迷ったんだった。」っていう問題もありますし、それがまさに復習のチャンス。すかさず「Part5満点達成ノート」にメモし、記録しておきます。

私の、「色を重ねるように」復習するスタイルはこうです。

あと、模試は重たいのでぜんぶ分冊します。それで、1ないし2セットだけ持ち歩く。解答集は、解説はハングルでまったく読めず不要なので、解答一覧だけを切り取って、問題集の最後の頁あたりに貼り付けます(セットごとに)。

リスニングのスクリプトはとってあります、もちろん。

あとはもう机に向かうとき、隙間時間を使って解きまくるだけです。

もはやスポーツか筋トレのように日課にしてましたので、全然苦痛ではありませんでした。

 

TOEICでハイスコアを狙うのに重要なポイントのひとつはバリエーションを知ることでもあります。

模試を解きまくることの意味はここにあると思っていて。本番の公開テストで、「こんなの知らなかった!!」っていうのを防ぐためには、それがETSの作ったものでなくても、問題のパターンを出来うる限り調べ尽くすことです。

大量の模試を解いていると、良問、悪問、難問、奇問がだんだんとわかってきますし、そのことにより、良模試、悪模試の判定もそれなりにできるようになります。

 

まとめると、模試の使い方としては

  • 1冊をじっくり精読精聴、あらゆる角度から復習(まだ伸びしろが多く、基礎にやや不安がある時期)
  • 大量の模試を解きまくり、傾向と対策を探る(スコア950以上)

↑でもこの段階でも弱点潰しの勉強は必要。

 

傾向と対策、には自己分析も含まれます。どちらも有効な手段です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。